闇金の特徴

サラ金

 

行政や企業努力によって今では消費者金融にイメージは良くなっていますが、以前は残念ながらそうではありませんでした。
堅実ではありますが審査が厳しいために銀行系の融資を受けられない人が少なくなく、それを受け入れる形で当時の消費者金融は高い金利で際限なく融資をしていました。
結果、多重債務で返済出来なくなり最終的には良くて自己破産、最悪は命の問題までになってしまい社会的にも大きな問題となったことがありました。
この当時の消費者金融を通称でサラ金を言っていたのを覚えている人も多いことでしょう。

 

財布

現在は法律の整備や消費者金融会社の努力によりその頃の悪いイマージは今では払拭されており、利用する方も安心して利用することが出来るようになっています。
ただ、その当時の面影は一部残っています。それは消費者金融系のカードローンで個人に対する融資総額を規制している総量規制という法律です。
消費者金融から融資を受けられる額は年収の1/3までというもので、多重債務や高額な融資を受けて返済が出来なくなることに対し一定の制限をかけているものです。
これは各金融機関が共有している個人情報のデータベースがありますので、複数の消費者金融で借りようとしても個人の総額で決められてしまいます。

 

闇金

 

それでも銀行や消費者金融で融資を受けられない人は存在します。また、どうしても急なお金が必要で困っている人もいます。
そこにつけ込んでくるのが闇金です。

 

闇金とは何か。
それは都道府県や財務局に登録していない業者でありつまり行政から営業認可を受けていない金融業者のことです。
本来金融業者は行政に登録許可を行い、法律に従って金融業を行う必要があります。無許可の金融業者は違法です。その為それらの金融業者を闇金と呼んでいます。
闇金は法律に従った金融業をするつもりはありませんので、簡単に貸して法外な金利を請求してきます。以前のサラ金に近いものがありそこが闇金の問題となるのです。
銀行や消費者金融で審査が通らなかった人は闇金の「他社で断られた人OK!」「クルマで貸します!」「安く貸します!」などと言う謳い文句に助かると思う人もいると思います。
当然ながら闇金は自身が悪徳業者であることを名乗りませんので、どのような金融業者かすぐには判断出来ません。
ただ、うまい話は要注意というのはどこの世界でも同じです。余り知られていない名前の金融業者なら行政に登録許可を受けている金融業者かどうかをインターネットで調べてみましょう。
一般に、公衆電話や公衆トイレ、電柱の広告、ハガキDM、ポスティングなどのチラシで勧誘している金融業者には近付かないことです。
闇金の金利は法外に高いと思ったほうがいいでしょう。
金融業者がお金を貸し出す際の上限金利は利息制限法により定められています。融資する金額により異なりますが、最大でも20%を超えることはありません。
それに対し、闇金ではトイチと言われる10日で1割の金利もありこれは年利換算すると、なんと365%以上と規定の20%どころではありません。
更にはトゴ:10日で5割などというとんでもない金利を請求される場合もあります。
もし万一闇金にひっかり返済トラブルが発生したら、すぐに弁護士に相談するようにしましょう。その場合は弁護士なんてと迷っている場合ではありませんので即要相談です。
知り合いに弁護士がいない人も多いと思いますが、インターネットで検索すれば直ぐに出てきます。やはり闇金によるトラブルは多いからです。
闇金は元々違法の業者ですので、弁護士が間に入ってくると簡単に引き下がる場合が多いようですので、問題が大きくなってからではなく早めに対処することが大切です。
問題が大きくなると、返済出来ないことに対し嫌がらせや、時には暴力的な取立てをしてきます。

最初は親切に助けてくれる風に相談に乗ってくれる場合も多くつい安心してしまいますが、最終的には闇金は闇金なのです。
融資が必要な場合は、闇金だけには手を出さないようにするのが鉄則です。

 

闇金まとめ

 

・都道府県や財務局に登録していない違法業者である。

 

・「他社で断られた人OK!」「クルマで貸します!」「安く貸します!」などと最初は親切を装う。

 

・公衆電話や公衆トイレ、電柱の広告、ハガキDM、ポスティングなどのチラシで勧誘している場合が多い。

 

・実際はトイチ、トゴなどの法外な金利を請求してくる。

 

めがね

・返済出来ないことに対し嫌がらせや、時には暴力的な取立てをしてくる。

 

・気付いた時の対処方法は、弁護士に相談することであり、早めの相談が必要

 

とにかく怪しそうな金融業者からお金を借りない。お金を借りる時は慎重に。

  • 2015/02/15 14:46:15