支払いが遅れたり滞納するとどうなる?

カードローン

カード

 

カードを使っての買い物は今や普通ですし、それだけでなくカード利用毎に貯まるポイント目当てに光熱費やスマホ代もカード払いにしている人も多いのではないでしょうか。
このポイントもバカには出来ず、有効に活用すると結構いろいろなものに買えられたり商品券などにも交換できるので重宝します。
現金ではポイントは貯まりませんので出来るだけカード払いにするほうが断然お得だったりします。

 

 

 

カードの使いすぎ

 

問題は、カードを利用することに慣れすぎるとつい使い過ぎてしまうことがあることです。
欲しいものがあっても我慢するか、エイヤっとカード払いで買ってしまうか、いつも迷うという人も多いのではないでしょうか。
それもたまにならまだ何とかなるでしょうが、次の支払いの時に自分のお給料でカバー出来る範囲を超えてしまうと、とたんに現実世界の厳しさに直面することになります。
利用したカード明細は毎月来ますが、次の支払いが予想以上の10万円だったとして、自分の口座には5万円しかないし、手持ちもほとんど無い! おまけに次の給料日までにはまだまだ日にちがある! となった時、頭が真っ白になるくらいのショックを受けてしまいます。そんな経験はありませんか。
幸い、コツコツと貯めてきた貯金があるならそれで返済するしかありませんが、もし貯金が無く、この10万円も払えないとなると事態は深刻です。

 

返済が難しい場合:方法は3つ

 

この10万円を支払うアテがない場合、それを乗り切る手立ては3つだと思います。それを考えてみましょう。

 

(1)人に借りる

 結論から言うと、これは避けたほうがいいでしょう。個人での貸し借りで問題無いのはせいぜい1,000円程度です。それ以上、それも10万円となると確実に人間関係に影響が出てきます。
 まず頼める人も限られてきますし、頼んで断られても、万一貸してくれたとしてもお互い気まずくなるだけです。

 

(2)他の金融機関から借りる

 一番のお勧めはこの方法です。消費者金融系のカードローンでは、総量規制というその人の年収の1/3を超える融資は出来ないという法律がありますが、10万円位なら大丈夫でしょう。
 そこで借りた10万円で先の借金を返済し、ここで新たに借りた10万円は分割払いで月々返済とします。1年12回払いなら大体月1万円位の返済になるでしょうか。
 10万円が毎月1万円の1年払いとなったわけで、当面の支払い問題こそ解決しましたが、1年間の返済は長い借金生活となります。
 気を付けなくてはいけないのが、今回のような支払えないカードの使い方をもうしないことです。これがまた重なり始めると、毎月数万円以上の永久借金生活者となることが現実味を帯びてくるからです。

 

(3)とりあえず返済を延ばしてもらう

電話

 どのカードローン会社も、多少は返済を待ってくれる大人の対応をしてくれます。但しそれはこちらも大人の対応をすることが前提です。
 それは、次の返済が難しそうと分かったら、事前にその旨の電話連絡をして相談することです。カードローン会社も真剣に相談に乗ってくれます。
 ここでも気を付けることは、返済を延ばすことの依頼は出来れば一度だけに留めることです。
 これらの記録は各カードローン会社の共有情報として記録に残りますので、何度も返済延期が続くと場合によっては他のカードローン会社含めて融資自体が認められなくなってしまう可能性もあるのです。

 

返済が難しい場合:やってはイケないこと

 

10万円の返済が出来そうにないと思っても、そのまま無視することです。
まず、支払いが無いことの確認連絡が来ます。そこでは返済がなかった理由や今後の予定を聞かれるハズですが、ここで支払いが無事済めばまだギリギリ大丈夫です。
更に支払いが滞るとどうなるか。法律上認められている範囲での取り立てが行われます。

 

・電話や郵便により、返済予定日が過ぎている旨の連絡があります。
・引続き返済がないと再度の電話連絡があり、返事が曖昧だと毎日電話を掛けてくる場合があります。
・カードローン会社によりますが、それでも返済無い場合は1ヵ月を目処に、自宅に訪問があります。
・これらは大手銀行系や大手消費者金融系の場合であり、中小の場合は更に早い段階での自宅訪問があると言われています。
・最後は法的措置が取られます。具体的には裁判所からの支払い命令となります。

 

督促状や裁判所まで出てきますと、その先は給与の差し押さえ等の強制手段か、あとは自己破産手続きまで話が進む可能性もあります。
カードローン会社が万一闇金(未登録の消費者金融)だったりしたら、更に怖い思いをすることもありそうです。
借りたお金はちゃんと返す。これだけはきっちり守ってポイントを楽しく貯めるカードローン生活を送ってください。

  • 2015/02/15 14:43:15